「生きていくためのデザイン。

生きる世界を変えたデザイン。」

 

 

いったい、どんなことだろう?

と気になった時は既に会期も終盤、

ギリギリになったが、会場のミッドタウンを訪れてみた。

 

「世界を変えるデザイン展」

http://exhibition.bop-design.com/

 

 




会場入り口の趣旨説明が明確だ。

 

「先進国におけるデザインは、世界総人口のほんの10%を
 対象にしているに過ぎません。

 これからのデザインは、その他90%の人々のニーズに目を向け、
 彼らの生活水準を向上させ、自尊心に満ちた生活を提供する使命を
 もっていると、私たちは考えています。」

 


「1日の平均収入が2ドル以下の発展途上国の人々に対して、
 デザインができることは何か。どんなデザインが求められているのか。
 会場の成功実例から、その答えを見つけていただければ幸いです。」

 
 

また、作品を見る前に世界の「変えるべき課題」が並べられる。
例えば、発育不良と成人肥満に関する統計チャートが事実を突きつける。

(しかし、アメリカってば。。。)

 
 


展示は、8
つのカテゴリーに分かれて、構成されている。

 

 


 


●WATER

●FOOD

●ENERGY

●HEALTH

●HOUSING

●MOBILITY

●EDUCATION

●CONNECTIVITY

 

一番わかりやすいのが、入り口すぐの

このウォーターローラー“Q Drum”だろう。

子供のチカラでも、ロープを引いていくことで
50リットルの水を転がし、運ぶことができる。

 

 




電源のない、または電気を自由に使えない地域で役立つのが無限にあるソーラーパワー。

“Solar Cooker”は、「そこに無数にある電源」を最大限活用する。

 

 

 

 

そしてまた別のソーラーパワー活用例がこれ。

太陽の熱と紫外線で水を殺菌するというもの。

しかし、よく見ると、これはただのトタン板。

 

そう、これはデザイン・プロダクトではなく、
デザイン・アイディアなのである。

 

 

 

 


カテゴリーごとにテーブルにデザインやアイディアが展示されている。

 

 



これらの多くは政府から無償提供されたり、慈善団体が製作したり。

商業的に利益を得るものではないから、へえ~、これだけのものが
こんな値段でできるんだ、とちょっとした驚き。

 

「世界を変えるデザイン」とは、やはり人が変わっていかないと生まれないものだろう。

 

会場はこのミッドタウンと飯倉方面のAXISギャラリーと2箇所で開催。

 

6月13日までだったが、是非、また開催して欲しい。

 

驚きと発見があり、しばしそこに立ち止まり、色々と考えさせられたデザイン博であった。

 






 

2010年、夏、海外からも色々なメンバーが終結して、

8つの課題に即したプロジェクトが続々と始動するらしい。

 

“GROUND+A”

 



 


Aとは

Action(行動),

Alliance(チームワーク)、

Appropriate(適切なソリューション)

を意味する。

 

宿泊施設も含めて、その拠点となったのが、千葉県鴨川。

GROUND+A KAMOGAWA PROJECTが間もなく発信するらしい。

 

何がどう展開され、どう参加できるのか、現時点ではまだ公開されていない。

以下に準備サイトがあったので、興味のある方はどうぞ。

 

http://granma-port.jp/blog/grounda/