30年前の夏、代々木公園のスケート少年たちの間で
注目のまとであったシューズ。


VANS “Off The Wall”。


同じサイズの仲間を見つけてはツートンカラーの色違いを2足買い、
片足ずつ交換してスケートにあけくれたものだった。

まさにあれから30年を記念して、
SK8-Hiリバイバルモデルの復刻記念も兼ねて
VANS EXHIBITION 2008が開催されている。



VANS EXHIBITION 2008
8月23日(土) ~ 31日(日)
11:00 ~ 20:00 (最終日は17:00まで)
LAPNET SHIP 原宿

http://www.vansjapan.com

スケーターの足元を支えてきた歴代モデルから最新モデルまで
また、アルバやキャバレロといった
カリスマスケーターの秘蔵映像も公開。

さらにPCで自分でデザインできるカスタムデザインコンペティション、
さらにさらにOffTheWallのステッカーをプレゼント!
という大盤振る舞いな展示会の紹介文に大きく揺さぶられ、
いざTakeOff!


会場はラフォーレ系列のギャラリー。
ラフォーレから1~2分のアクセスだ。

307a8f01.jpg



こじんまりとした展示ながらも、VANSらしい個性的なラインアップ。

4510cce7.jpg


501f6a47.jpg




展示会の謳い文句になかったものにヤラれた。。。
当時の広告たちだ。

796a1826.jpg


ab1824e4.jpg



これなどはSkateboarder誌から30年を超えて
ワープしてきた涙の広告。
当時の少年たちは、このアメリカの匂いがプンプンした広告に憧れた。

bbbb06cb.jpg




そして、壁一面の“Off The Wall“!

62bc9708.jpg


*VANS好きな方はどうぞご自由におとりください。


これを機にサイトをちょっと見てみるとVANS歴史の中で
ブームにのったあと、なんと一度は手を広げすぎて破産していたらしい。
30年前、事実上唯一のスケートシューズだったVANSはまた
経営を立て直し、今も基本のクオリティーと時代を超えた感覚で
スケーターのみならずVANSファンを魅了しつづけている。

懐かしい方も、今のVANSやカルチャーを好きな人も
是非、ふらりと立ち寄ってみてはいかが?
巨大アスリートシューズメーカーにはない息吹やスピリットを
感じられるかもしれない。

4d1e2559.jpg