おかげさまで、自然発生的に広がっているFreeHugs。

Shibuyaでの様子をビデオで編集し、YouTubeに
アップして、4ヶ月が経つ。

日本、世界から色々なコメントをいただき、おそらく?
昨日、20,000PVを越えた。

とても励まされるコメントもいただく一方で、
なんでこんなコメントなんだろう、と心が痛むものもある。

概ねは僕の想いを理解していただいている好意的なコメントで、
ココロが暖かくなると同時に、Hugできなくても、
彼ら・彼女らにSmileを分けることができたかな、と
うれしくなる。

だから、悲しいコメントは今はもうそんなに気にならない。

それにしても初めて読んだときはひどく心に傷を負ってしまった。
(たとえば、一番下のコメント)


d779376f.jpg



そんなコメントを残した方も、きっとHugしてココロが
暖かくなれば、わかってくれるかも、と思う(願う)ことに
している。

人は人の理解・共感を求めていて、ココロの結びつきに
幸せを感じる。

幸せを感じて、Smileの出ない人はいないだろう。

好意的なコメントをくれた方と、ガックリなコメントは
約9:1。

国と国が戦争する場合も、きっと一般人のほとんどは
戦争なんかしたくないはず。

一握りの人が心に傷をつけ、傷つけられた相手がまた
傷で返そうとする。

20,000PVのうち、その比率をそのまま用いれば
18,000人(回)のSmileを生み出せたとしたら、
それはもしかしたら人生の中で最も「人の役にたった」ことかも
しれない。

とっても小さいことだけど。

地球の温暖化や色々な問題で、人は今、歴史上なかったほどの
危機感をジワジワと感じていると思う。

地球がこのままでは崩壊してしまうのだから。

経済発展と環境保全は対峙するところもあるが、
共存できるところも、人間の英知と暖かいココロがあれば、
かならずあるはず。

人と人がむすびついて、ココロがつながって、
Smileが生まれて、それは人と地球との関係にもつながって。

地球上の誰一人、ココロに傷を受けない日。
これは確かに理想だろう。
はっきり言って、残念ながら現実的ではない。

でも少しでもそこに近づけていく努力。

人間しかできないことだから、
人間がやっていくしかない。

例えば、YouTubeのコメントから
ガックリなものが消えていく日を願う。

いつか気づいてくれることを願って、
ネガティブコメントも削除していない。

まだ理想の日には至っていないことを
理解してもらうためにも。