先週の土曜日、「今年は早い!」に戸惑いつつも、
予定通り行なった杉並区某所での地元花見。

きれいに咲いてるのはさすがにまだ1本。
あとはほとんどつぼみが開いた程度か。

まあ、元々、「花より団子」な面子での
集まりなので、1本でも見れただけで気分は上々だ。

思いのほか涼しかったのもあり、
夕方、陽もかげると、網の上に幾つか、焼けるものを載せて、
暖めて食べた。


10929293.jpg





食べ物もなくなると、呑みながら、色々とおしゃべり。
炎はやがて燃えることをやめていく。


36ea6a3f.jpg









そんな中、一度熾した炎は、
食べ物を焼くという役目を終えて、
静かに、輝き始めた。


5de38fbe.jpg








そして、語り始めた。

コトバにならないけど、
語りかけてきた。



a9ab5e14.jpg







最後には細かい星屑のようになり、
空気の中に帰っていった。


24bc8859.jpg





炎よ、ありがとう。


無言の会話は、
なんだか
とっても
ココロに沁みたよ。