この前の冬、初めてスタートしたプロジェクト:
「よろしかったら着て下さい」。

ようは着なくなったもの、着れなくなったものを
会社近くの日比谷公園にお住まいの方にプレゼントするという
個人的なコト。

前回は初めてだったので、結構躊躇してしてしまった。(↓2つめのブログ。)
http://blog.drecom.jp/cinnamon-flavor/daily/200501/25

今回は慣れたので、すんなりと。
着ないものも結構整理したので、3人分。

プロジェクト(というほどのことでもないが)の元々は
自分の体験。

20代の頃、会社にカギを忘れてそのまま深夜帰宅。
当時ひとり暮らしを始めた自分は家の前で気づく。
「あ~、会社に忘れた~!」

4月のことだった。

近くの公園のベンチで朝になるまで数時間寝るか。
ベンチに寝てみたものの、4月にもなるのに、
寒くてとても寝られるものではない。

しょうがなく、タクシーで自宅まで帰った。

これが2月だったら。
数時間でなかったら。
自宅がなかったら。

当時公園にはホームレスはそんなにいなかったが、
あの日の体験は強烈に残っていて、
今の会社の通勤途中の公園で見かけたとき、
あの寒さを思い出したのだった。

着られなくなったもの。
捨てる前に、オークションの前に、フリマの前に。

必要としている人がいます。

初めは少し勇気がいるけど、
僕のやり方じゃなくてもいいけど、
そんな人に手をさしのべられたら、
さしのべてあげてください。

彼ら、彼女らが少しでも暖かくクリスマスが過ごせるように。