深夜3:30。

今日の空はとても澄んでいて、
星はざっと数えても100ぐらい見えた。

星はそこにあるのではなくて、
地球に届くまで時間がかかるものばかり。

ちょっと前の星を見ていることになる。

冬の星はなぜかキラキラ。

ココロをすーっとキレイにしてくれる。

今、スクリーンセーバーも星とオーロラと流れ星が彩っている。
バーチャルなのに、それでも、ココロにキレイな何かが流れる。

宇宙のショウはあまりにも神秘的すぎ、
そのチカラはあまりにも偉大すぎる。

大切にしなくては。