8年前、養子に来た。

名前はフク。
幸福のフクだ。

本牧のペットショップの掲示板の
「もらってください」コーナーに貼ってあった
ネコたちの写真のひとりが気に入って電話をしたら、
その子はもう決まっちゃったけど、もうひとり
ちょっと大きくなっちゃったけどいい子がいます、との事。

写真もないけど、お願いします!と会ってみた。

decccebf.jpg


それが、フクとの出会い。たしかまだ8ヶ月で、
生まれたてのチビネコではなかったが、まだまだ
子供の域を出ない、かわいいヤツ。
公園で捨てられていたらしい。

今は事情があって、実家の方にいるので、GW中に会いに行った。

イヌは人につき、ネコは家につく、と言われ、
飼い主のことはすぐ忘れてしまう・・と聞いたことがある。

今回はもう半年ぶりになるか。

にゃ~ と覚えていてくれた。

長くつらい家族の看病生活が続いた時も、癒してくれたのがフクだった。

今年9才になる、自慢の息子である。