とあるライフスタイルマガジンの創刊号、巻頭エッセイで、
編集発行人の方が書いていた。

脱サラをして出版社を立ち上げたのが、35歳の冬。
思った以上の苦労の連続であった。

「愛と青春の旅立ち」という映画を見たのは
そういう時だった。

ラストシーン(リチャードギアが彼女を抱きかかえて
工場の中を歩いていく。)は有名だけど、
自分がもっとも感銘を受けたのは次のシーン。

士官候補生であるギアを徹底的にしごく黒人教官。
「お前なんか人間の屑だ。
もう訓練なんか辞めちまえ!」
「いやです!」
「なんだと!辞めますと一言いってしまえば
楽になるんだ。
もっとしごくぞ!いっそ死んだ方がマシだと思うぐらいにな。」
「自分は辞めません!」
「どうしてだ!どうして辞めないんだ!」
「自分にはここしか行く場所がないからであります!
殺されても自分は辞めません!」

不覚にもこのシーンで泣いてしまった。
そして、思ったのです。

「そうだ、逃げてはダメだ。
自分の苦境を社会や他者のせいにするのではなく、
自分のありのままを、自分で引き受けていくしかないのだ。」

・・・というエピソードを交えて、この創刊にあたっての
抱負を語っているわけだが、
実は、僕も同じシーンでホロリときた。。

”I've Got Nowhere To Go..."
”I've Got Nowhere To Go..."
と雨と汗と涙まみれで、
歯を食いしばって訴えていたギアの演技に、
やられた・・・のを鮮明に思い出した。

そして、あのシーンを今、思い出し、
自分の雑誌の創刊のオープニングに向けて飾る人。

「引き受ける覚悟」「やり始めたらあきらめない覚悟」。。

最近弱い気もしないでもない。

ギアの演技とともにその真剣さ、大切さを思い出し、
気を引き締めるいいキッカケとなった。


PS)そういえば、卒業の時のシーンでは、あの鬼教官が士官に敬礼をする。
「あなたは私の地獄を耐え抜いた。よくがんばりました。」という思いで。
お互いがお互いをリスペクトする、このシーンも好きです。