昨日の夜はすっごい風。

滝のような雨が降ったかと思うと、パッと止んで。

夜空に走る雲の速いこと、速いこと。

なんか一瞬南の島に来たみたい、ぐらいに感じた。

で、ふと思った。

本州の東京にいると、ついここが本州アイランドという島のひとつなのだ、
ということを忘れてしまう。まわりはみんな海の極東アジアの島。

オーストラリアだって、でっかーーーーーい島と捉えられないこともないけど、
あそこはオーストラリア大陸か。
どこまでが島・・なんでしょう。
(ちょっと脱線^^;)

そーいえば、こないだの猛暑の時も痛いくらいの日差しを受けたオフィス街の昼間、
こりゃ、ほとんどグアムと同じだ、と感じてしまった。

「島国根性」って言葉もほぼ死語?みたいだけど、海の近くまで山が迫っている部分が多い
日本列島には(列島だよ、列島)、そんな南の島みたいな気候が訪れながらも、
ちゃーーんと四季もある。

昨日の夜の低く流れる雲を見ながら、デイ・アフター・トゥモローも思い出しつつ、
生きている自然と、大切にしなくちゃという思いを感じた夜中でした。

これ、台風よ、たまには来てね!ということではないです。
犠牲になってしまった方にはご冥福をお祈りします。