cinnamonflavor55

シナモンを一振り 

一味違うフレーバー。。。 気になるモノ・コト・オモイを綴ります。 FreeHugs、SK8&KLEEN支援中!

2005年09月

10

CDでよみがえったコカコーラな青春

オンラインで思わず、何の迷いもなく、ほぼ無意識に
「購入」ボタンを押していたCD。

「コカ・コーラCMソング集1962−89」

www.wocct.com/NASApp/mnas/MxMProduct?Action=prd_detail&KIND=0&SHOP_ID=4&PROD_PRI_ID=10948&DispType=&DISPCATEGORY=00000420&LoginShopID=4&PRD_MAX_CNT=50&F=1


1962年は僕も生まれた年。

あの「シュポーン!」というSEで始まる2枚組だ。

●「スカッとさわやか」シリーズはなんとなく覚えている気がする。
加山雄三を始めとした、グループサウンズ、POPS、元祖ジャニーズ、
フォークなアーティストたち。

コークの唄(コークと呼ぼうコカ・コーラ)モノラル / 加山雄三とザ・ランチャーズ
ザ・ワイルド・ワンズ
フォーリーブス
ピンキーとキラーズ
赤い鳥
トワ・エ・モワ
尾崎紀世彦
青い三角定規
朱里エイコ
布施明
森山良子
かまやつひろし
ビリー・バンバン
ETC.ETC.

●そして洋楽界からこんな大物たちも。

Coming Home[カミング・ホーム] / グレン・キャンベル
ダイアナ・ロス
ザ・スタイリスティックス
ETC.ETC.

●中学、高校の青春真っ只中な時代は
「Come on in Coke!」 カッコよすぎた。

Come on in.Coke'77[あふれる光の中で] / トランザム
ハイ・ファイ・セット
サーカス
柳ジョージ&レイニーウッド
ETC.ETC.

どこで入手したか覚えてないが、
「Come on in Coke!」のステッカーを
スケボーのウラに貼り、
夏ともなればほぼ毎日代々木公園でスケートしていた。

●80年代
「Come on in Coke!」は続くが、
あの永遠のロッカーYAZAWAから、
CocaColaCMはさわやかだけではないあらたなステージへ。

Come on in.Coke'80[THIS IS A SONG FOR COCA−COLA] /矢沢永吉
サーカス  ETC.

●そしてテーマは
「YesCokeYes」へ。

Yes Coke Yes'82[YES MY LOVE−愛はいつも−] / 矢沢永吉
早見優
梅垣達志
楠木勇有行
原田真二
ムーンライダーズ

●さらに続いたのは
「Coke is it!」
まだまだあどけない表情の宮沢りえが
私立の女学生役だった。

Coke is it!'86[太陽にPUMP!PUMP!] / EPO
坪倉唯子 楠木勇有行
ETC.

●そしてクライマックスは
「I feel Coke」シリーズ。
CMのエンディングで健康的に微笑み(Cokeスマイル)かけるのは
松本孝美。
今でもファンであることに変わりはない。

I feel Coke'87 / 佐藤竹善
上田正樹
中村耕一
I feel Coke'89 / JAYWALK


バブルも崩壊し、個人家電やメール、ネット環境もひろがり、
価値観は多種多様化し、「一億総○○」というフレーズも
聞かなくなった頃。
友人の知り合いがヨットでのクルーを探している・・
というのがキッカケで参加することに。

佐島マリーナ →大島・神津島 →下田 →西伊豆 →佐島
ETC.ETC. 1週間のクルーズ。

まわりに誰もいない大海原の真ん中で、
デッキに流れる風を受け止めながら、
あの矢沢のけだるい曲が始まる時も、傍らにはお約束のCoke。

夏といえばスイカ、カキ氷と並んで必ずあった、赤い缶。

・・・そして2005年。
たったひとつのCD(2枚組)から
多くのカルチャーを生み出したアーティストたちを顧みた。

あの「赤い炭酸飲料」の作り出す世界は、
あらためて見直す(聞きなおす)と、
珠玉のパワーを秘めている。












7

そのエレベーター、待てますか?

ビルの玄関からエレベーターまで歩けば5~6秒。

今朝、玄関を入ったら、エレベーターに乗っている
オヤジと目が合った。

目が合ったのに、「閉める」ボタンを押して
上がっていくオヤジ。

ドアが閉まりかけた時、とっさに「開く」が押せずに
閉まってしまうことはある。

でも、目が合っているのに、閉めるっていうのは。。。

その5秒が待てないほど、
急いでいるとは思えない
オヤジの表情。

やっちゃいけない、こうなっちゃいけない・・・の
典型的な例を見たようでハッとした。

たった5秒だけ待てれば、
「すみません~^^;」と
なごやかな空気がうまれるのに。

そうすれば、自分も悪い気分ではないはず。

こんなオヤジに会ったせいで
(というか、ある意味おかげで)、
人の振り見て我が振り直すことができた。

自分ではたいてい待っているつもりだが、
無意識に「閉め」ていることもあるかも。

あらためて思った。
5秒待てる優しいオジサンになろう、と。
(それ、普通か。^^;)


7

これで夏も終わってしまった

7月から展開していた鎌倉・由比ガ浜の
ビーチハウスジャックも
8月一杯で終わり。

最終日はオーナー、店長、スタッフにご挨拶も兼ねて
お邪魔した。

カンカンと照りつける灼熱の中での下見、建て込みが、
今ではウソのようにビーチを撫でていく風が心地よい。
・・・と同時に、切なさを感じたのは僕だけではなかった。

ビーチハウスのクローズで、夏にもクローズ。

「お疲れ様~!」「乾杯~!」のあとは、
長かった夏のこと、それぞれの近況、また来年など
語り、食べ、呑んだ。

9d7b9e71.jpg


そして店長が奥から持ち出してきたキンキンに冷えた
テキーラのイッキで宴は最高潮に!

・・・そして、23時(という自分ではめずらしくその日中に)から
記憶がない。。。

翌朝8時、予定した通り、駐車場のクルマの中で
暑くて目が覚める。

目がはれて&まぶしくてなかなか開けられない。

そしてそこには、すでにサーフィンを終えて
駐車場に戻ってくる人・人。。

b9e02446.jpg


テキーラで二日酔いの車中泊のヒゲ男と、
颯爽と海からボードを抱えて帰ってくるジモティ。

なんともミジメなコントラストだ。

この日はその後、コンビニのオニギリとアクエリアスで目を醒まし、
ブランディングのバナー、フラッグ、ネオンサインなどを外し、撤収。

Adios! Yuigahama!
また来年の夏に会おう!





3

沖縄、そしてジュゴンを。。

ご無沙汰しています。

ずっとバタバタしており。。

ちょっと急ですが、
mixiのWorld Travelerというコミュでこんなトピがあがっていたので
お知らせです。↓↓↓


******ここから*****

皆さん、よければちょっとだけ、力を貸してください。
美しい離島の珊瑚とジュゴンの危機です。
マイミクさんが日記に載せていました、辺野古基地問題です。

美しい沖縄の自然、そして沖縄の人々の生活を脅かす基地建設が、 行われようとしています。
候補地である名護市辺野古のキャンプシュワブ沖は
沖縄でも有数のサンゴ礁であり、ジュゴンの餌場となる
海草の生えている数少ない地域です。

多くの方がご存知だとは思いますが、 今、建設反対署名活動がインターネットで行われています。 微力ながら、私も署名活動に参加しました。 (8月いっぱいにまで)に1万人を目標にしているそうですが、 現在2千二百人足らずです。 美しい沖縄の海を守るため、ご協力いただけたらと思います!

http://okinawa.peacefighters.org/


*期限が9月11日までになりました!!!
*まだ、可能性があります。一万人集めましょう!!

「アメリカ側からの建設案はどうやらなくなったようですが、 日本政府は、一度決まった予算を使わないといけないため、 意味のない工事をしようとしています。 膨大な税金を使ったため「消化」という公共事業ならではの 無駄なプロセスで、日本政府が白紙撤回を宣言しない限り、 ボーリング調査と名前を変えた自然破壊は続きます。 この工事は、ジュゴン絶滅だけではなく、漁場の消滅、 沖縄の珊瑚の破壊に繋がります。」

破壊、絶滅は一瞬にして簡単にできてしまうけれど、
一度失った自然は、取り戻すために気の遠くなるような時間を 要します。サンゴは一年間に平均0.8~80mmしか成長しないので、 破壊されてしまうと元どおりに再生するまでに数百年もかかります。 絶滅の危機にあるジュゴン、絶滅、ということはその種が絶えるということ。 二度とその種が地球上に現れないことを意味します。 どんな努力を重ねようと、帰ってはきません。

少しでも多くの声が、アメリカ、そして日本政府に届きますように。

*****ここまで*****

別に政治行動をおこそう!という呼びかけのつもりはなく、
反政府とか、反アメリカというわけでもなく、
ただただ「大切なものは守りたい」という思いで署名しました。

ご賛同いただけるか、
署名していただけるか、
お知り合いにおしらせいただけるか、
すべてはお任せします。

まずはここまで読んでくれてありがとう。
(別に賛同しないけど、思わず読んじゃった方、すみません^^;)

シナモン

PS)通常の?ブログも近日アップデートしますね♪
 (ネタはボチボチたまっているのだが。。。)


記事検索
ギャラリー
  • 「月刊Gift 6月号」で紹介していただきました。
  • 「月刊Gift 6月号」で紹介していただきました。
  • 「月刊Gift 6月号」で紹介していただきました。
  • 「世界を変えるデザイン展」で考えたこと
  • 「世界を変えるデザイン展」で考えたこと
  • 「世界を変えるデザイン展」で考えたこと
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ