cinnamonflavor55

シナモンを一振り 

一味違うフレーバー。。。 気になるモノ・コト・オモイを綴ります。 FreeHugs、SK8&KLEEN支援中!

2005年04月

21

天空の城、訪問。


先日、お招きを受けて、天空の城を訪れた。

正確に言うと、青山、神宮前のとあるビルの
最上階&屋上階での集まりだ。

普段は、有形無形の斬新な企画・制作を
プロデュースしている某精鋭集団の仕事場。

毎月19日はテンクウの日ということで
交流会というかパーティーを開いているらしい。

ちょっと肌寒かったけど、やっぱり屋上はいいね。

見上げればそこは空。という環境の下で
食べ、呑み、語らう。

夏は朝までコースになるらしい。
(以前、別の屋上でやったことあり!)

集まったメンバーは総勢何人だったんだろう。
主催者いわくほぼ「山手線状態」ではあったものの、
臨時開店のカレー屋さんとスウィーツ屋さんも
盛り上げてくれ、Myドリンクの持ち込みで
夜は更けていった。。。

NYからのサウンドエンジニアとは音楽の国境について、
建築家とはレストランのトイレのデザインについて、
世界2周をしたライターとは子供達に残す地球の奥深さを、
などなど、色んな話ができた。
というか、ありがたい世界の広がりをいただいた。

天空の城。

場所はヒミツだ。


12

トーキョータワーも泣いた夜

9日(土)のこと。

某サークルや某コミュニティー合同でのお花見。

場所はトーキョータワーを見上げる某所。

17時の集合前に現地に着き、主催者に挨拶。
「おお、やっと会えましたね、シナモンです。ヨロシク!」
このまた新しい出会いの瞬間(それもまだシラフで^^;)が気持ちいい。

提灯の飾り付けや、紅白幕の設置、音響のチェックやドリンクの準備など
一通り終わったところで受付の開始。

事前に告知してあった通り、?2000を払い、早い者勝ち!で
座敷をゲット!

30分もすれば座敷は埋まり、その後も続々と参加者が合流!
う~ん、楽しい夜になりそうだ♪

人が集まり、会話がうまれ、輪が広がっていく。

初めて参加・・という人もかなり多く、
その一方で、きっとどこかでつながっている・・人もかなり多いはず。

すべて、主催者、参加者の善意で「楽しい場にしよう」という
願いに上にイベントが成り立っているので、
「ハイ、ワイン注ぎますよ~。」「あ、ライター貸してください~。」と
盛り上がっていく。

僕も初めて会う主催者以外は、連れて行った2人の友達だけしか知らなかったが、
気が付けば、「あれ、K!」「お~い、Lさ~ん!」「あ、Gさん、こないだお会いしましたよね。」
と再会が続き、あらたな友達も増えていった。

さて、宴もたけなわ。
主催者の「ありがとうございました~!」コールのあと、
片づけが始まる。
主催のMさん、Pさん、ホント、お疲れ様でした♪

みんな酔っ払っているのに、ちゃんと手伝ってくれて気持ちいい。
見ず知らず、または今日まで、さっきまでは見ず知らず。
でも、楽しいひとときを善意で作り上げた、仲間たち。

「ハイ、飲み物の残りはこちら~。」
「ゴザをたたむんで、そっち持ってくださ~い。」
「落し物で~す!」
テキパキ、テキパキ。

見回りのパトカーもお疲れ様~。

・・・・・・・

おっと、もめごとか。
どうやら、参加者のひとりの行動が問題になってしまったらしい。

詳しく事実を確認したわけでもないので、ここではなんともいえないが、
一生懸命の主催者に対して、酔いも手伝ってなのか
ちょっとみなさんの善意とは違う方向の言動に出てしまったらしい。
警察ざたってのはいずれにしても残念なこと。
(ケガ人は出てません。ちょっとしたモメごと。)

あれだけみんなの善意で、
美しいまでの善意で、楽しく盛り上がっていたので、
最後の最後に・・・で、なおさら残念。

自分も、超Happyだったところからの落差で、呑みすぎていた(汗;)のもあって、
ちょっと気持ち悪くなってしまった。 (これこそ悪酔い@@;)

その個人の方をここで責めるつもりはまったくない。

人の善意が最後まできれいにつながっていく
のはなかなかむずかしいことなのかな、と思ったまで。

後日、ご本人からも参加者に「すみませんでしたメール」をいただいた。

現場ですでに、しまった!と反省していた彼を見ていたので
あとは主催者のプロに任せてでしゃばらずにいたが、
結局彼もみんなの善意を無にしてしまったことに
気づいてくれたらしい。

最後の最後には、また「人の善意」を信じられてよかった。

全力投球の主催者に感謝。
善意のパワーをさりげなくふりまいてくれた参加者に感謝。
最後には善意を信じさせてくれた彼にも一応感謝(笑)。

トーキョータワーの夜も、結局はあとになれば「いい思い出」にできそうだ。


**あの日、「あとから六本木に行くかも!」と言っていて結局
行けなかったのは、こんなことがあったのです。
連絡くれた人、心配してくれた人、この場をかりてThanxです。

11

ミクシィは外来語の表記に違反?

「よろしかったでしょうか」
「全然いい」
「っていうか」
「私って・・・じゃないですか」
など、最近気になる日本語を
本当のところ、使い方的にはどーなの?
という観点から詳しく説明してくれる
ベストセラー

問題な日本語」。

随分まえに買ったままだったが
昨日から読み始めた。


「全然ありえねー。」と思っていた表現が
実は昭和初期から使われていたり、
色々と勉強になる。

で、このブログを読んでいただいている多くの方が
mixiから来訪されていると思うが、

フロッピィ・フロッピー、どちらが正しい?」という
コラムがあったので、ちょっと紹介。

ちいさい「ィ」で半長音を表わす表記は
「ティ、フィ、ディ、ウィ、クィ、ツィ、ヴィ」以外は
不可。
(平成三年内閣告示「外来語の表記」に違反)

・・・なんだと。

たしかに、「フロッピィ」は気になると思ったら
正しくなかったのか。。。

でも、ネーミングに関して言うと、
単に正しい・正しくない・・・よりも、

覚え易い・覚えにくい、
愛着を感じる・感じない、
響きがいい・悪い、
視覚的にもひっかかる・ひっかからない、
的な要素(他にもまだまだ)が大事なのであって、

mixiは「ミクシー」だったら
正しいのかもしれないけど
タクシー
セクシー
・・みたいでちょっとかわいくない。。
通り過ぎてしまうかも。。

それが
「ミクシィ」となると、俄然個性を発揮する。

そのへん、当然狙いですよね?
E-Mercuryさん。。

・・・と「言葉」を見直すいいキッカケになりそうだ。

さ、また夜から続きを読むか。。。

6

古本市で買った’78年のポパイ!

新橋SL広場では、時々古本市を開催する。

何気なくお昼時に通過しようとすると、



うわ~~~~!



一気に27年!!トリップして、

1978


あの当時のPopeyeが並んでいた。

吸い寄せられるようにしてチェックし、
選んだのは3冊。

53fc462c.jpg


左から78,82,79年のもの。
3冊で?3500を?3000にオマケしてもらった。

まだマガジンハウスじゃなくて、平凡出版だもんね。


そして雑誌名のキャッチ(既にこの時代あることがスゴイ)が
また泣かせる。

Magazine for City Boys

2a51d92d.jpg


あの頃=初代Walkmanや、
アメリカからNike上陸、の時代、
Popeyeはまさにバイブルだった。

僕らの世代は多かれ少なかれこの雑誌の影響を受けているはずだ。

3冊はまだ封を開けていない。
いずれこの時代を共有できる友達と一緒に
タイムカプセル状態で開けてみるつもりだ。

どのくらい覚えているか、覚えていないか。
ドキドキする。。
6

ああ 満里奈。。。

名倉さんと仲良くやってくれよな。

・・って、別に知り合いじゃないんだけど。


渡辺 満里奈はおニャンコの時はほとんど知らなかった。
というか、世代的に?ドンピシャじゃないので、
ファンには怒られそうだけど、誰がいたとかほとんど知らなかった。

ここ数年かな、CMや番組の司会、ゲストなんかで
あの明るい笑顔が好きになったのは。

3906d976.jpg


笑顔が輝いている」っていうのはとてもステキ。
彼女の「笑顔」はそんな中でも、
客観的にもかなり高い人気なんじゃないかな。

ステキな笑顔といえば・・・
最近では、はっきりいってあんまりパッとしない(関係者の方いらしたら
気を悪くしないでくださいね)CokeのCM。

I Feel Cokeの時代の松本 孝美の笑顔が大好きだった。
スローモーション(ハイスピード)で流れていくあの笑顔というか
Coke的には「スマイル」は、なかなか超えるものがない。
あのシリーズは、商品も、ストーリーも、音楽も、笑顔も、ほんと、輝いていた。
(最近、あまり見なくなっちゃったのが残念だな、孝美ちゃん。)


・・・で、話を戻すと、、

「太陽のような笑顔」って、人を幸せにしてくれる。

彼女だけでなく、芸能界にも、自分のまわりにも
たくさん笑顔のステキな人がいる。

でも笑顔は時として悲しい顔にもなるわけで。。。


満里奈の笑顔を曇らせないで欲しいよ、名倉さん!頼むぜ。

(満里奈ファン・・というよりも、)「太陽のような笑顔」ファンの男より

記事検索
ギャラリー
  • 「月刊Gift 6月号」で紹介していただきました。
  • 「月刊Gift 6月号」で紹介していただきました。
  • 「月刊Gift 6月号」で紹介していただきました。
  • 「世界を変えるデザイン展」で考えたこと
  • 「世界を変えるデザイン展」で考えたこと
  • 「世界を変えるデザイン展」で考えたこと
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ